ホーム>News>エレファントでの、初めてのタイラバ SLJ仕掛けについて
News

エレファントでの、初めてのタイラバ SLJ仕掛けについて

どうも船長です!

最近良く問い合わせがある

タイラバ SLJを使ったマダイ釣りの道具&仕掛けをエレファント流ですが紹介したいと思います。

初めて買うならですよ

まず竿ですが、完全に柔らかい胴調子の竿がベリーグッドです!

なんでやねん!って方もいると思うのでちょっと説明を

まず海の上の船は陸とちがって波のうねりなどで上下に常に動いています。

固い先調子の竿を使うと仕掛けにダイレクトに船の上下運動の力が加わります。

船が波で上に来たとき固い竿は引っ張る力が仕掛けにダイレクトに加わりあたりを弾きます。

船が逆に波で下がったとき一気に仕掛けはテンションが抜けてフッキング前に針は魚から外れます。

なのでまず魚をかける段階で不利になる事が多いです。

柔らかい竿だと上下運動をかなり、いなして軽減してくれます。

なのでエレファントのレンタルロッドはめちゃくちゃ柔らかい胴調子の竿を貸し出しています。

なので初タイラバのお客様もヒット率もキャッチ率も高いのです。

あくまでエレファント流なので他の船に乗る方はそこの船長さんに聞いて下さい(笑)

因みにドテラの時は固くても柔らかくても、どっちもそんなに変わりませんよ

ベテランで上手なお客様はご自分の腕、体全体で船の上下運動をいなしてるんで気にしないで下さい。

好きな竿買って下さい(笑)

リールですが個人的にはPG(パワーギア)が一日まきまきしても疲れなくて魚とのやり取りが楽かなと

大体一巻70cm前後くらいですね

重さは軽いほうがよろしいかと思います。カウンターもいらな・・・

あくまでエレファント流なので他の船に乗る方はそこの船長さんに聞いて下さい(笑)

PEですが魚がかかる数で言うと0.8号1号1.2号どれも変わりません

リーダーですが魚がかかる数で言うと3号4号5号6号どれも変わりません

自分はですよ(笑)

悔しい思いを減らすならPE1.2号リーダー5号(フロロカーボン)おすすめですよ

青物も取れますよ(笑)

実はですねPE0.6号リーダー2号でもタイラバは成立します

なぜPE1.2号リーダー5号なのかですが。

どうしてもですね乗り合いで船に乗ると仕掛けどうしお祭りしてPEに傷が入る事があります

他には春になるとPEにクラゲが、まとわりついてよく爪やタオルでPEを擦ります

毎釣行ごとにPEを巻き直すセレブな方や少人数で船をチャーターできるセレブな方でしたら大丈夫ですが

どうしても何回も同じPEで釣行するとPEにダメージが蓄積していざ大きい魚がかかった時

プツッと高切れしてしまいます。よく見ます。

信じるか信じないかはあなた次第です!

あくまでエレファント流なので他の船に乗る方はそこの船長さんに聞いて下さい(笑)

仕掛けですがエレファントでは、鉛の重さは80グラム、100グラム、120グラムを基本年中使います。

どこのメーカーでも大丈夫です。

大事なのは、ネクタイと言われる部分です。

ストレート、カーリー、ワーム、何種類かと色はオレンジがあればどうにかなります(笑)

針は5セットはあったほうが良いですね。フグ、エソ、サワラが沸いたときけっこう切られます。

SLJですが基本タングステンが良く釣れます!BOZLESのトウキチロウ

60グラム80グラム100グラム120グラム

あくまで水深が有るところでのマダイを釣るときですよ

あくまでエレファント流なので他の船に乗る方はそこの船長さんに聞いて下さい(笑)

仕掛けについてはこんな感じですね。もし解らなければ買う前に釣り具屋さんからでも電話で聞いて下さい(笑)技術面の事は船で船長に聞いて下さい。教えちゃいます!

以上になります。参考になれば嬉しいです(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.zouno-hana-ship.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/308

ページ上部へ